管理栄養士【かんりえいようし】

管理栄養士とは、厚生労働大臣の免許を受けた食事の栄養指導などができる国家資格のことです。

栄養士との違いは、栄養指導をする対象者です。栄養士は主に健康な人に対して指導をするのに対し、管理栄養士は健康な人だけでなく病気を患う人や高齢者など、ひとりひとりにあった専門的な指導をすることができます。

管理栄養士の活躍の場は、病院や福祉施設をはじめ、学校やスポーツ関連、食品企業など多岐にわたります。近年はその専門性を活かしながら別の職種で活躍される方も多く、ハタケトではお野菜レシピ考案家として活動しているいまむらゆいさん、そして循環を考える料理家の市橋加奈美さんの記事でも、管理栄養士として活躍されていたことに触れていました。栄養が身体に吸収されていく仕組みや、食物の成り立ちといった知識は、日々の生活や食にまつわるどんな場面でも大きな強みになりますね。

ゆいさんのコラムではこれまでも、野菜の切り方にも栄養素を逃しにくくする工夫など、管理栄養士ならではの知識をご紹介しています

(文:脇坂 麻友美)

(参考)
厚生労働省_管理栄養士・栄養士関係

Copyright 2019 ハタケト.