クラフトビール【くらふとびーる】

小規模生産されている個性豊かなビール。

ビールはかつて、年間最低2000キロリットルという製造基準のために大きな設備をもつメーカーしか醸造できませんでしたが、1994年の酒税法改正により、年間最低60キロリットルと小規模生産が可能になりました。当初は地域性を生かした「地ビール」が誕生し、2000年にアメリカから始まったクラフトビールの台頭により、日本でも製造方法や原料の工夫などによる多様で個性的な味わいが広く人気を獲得。技術や職人技などの意味をもつ英語craftの意味合いも含めて「クラフトビール」の呼び名が定着しました。


ビールの主原料である麦は畑で育つ農産物。さらに個性とおいしさを両立する創意工夫が施された、農的でクリエイティブな飲み物です。多様な味わいはビールの概念を変えてくれることも少なくありません。ハタケトでは畑の魅力伝道師であるゆるみなさんが規格外のフルーツを活用したクラフトビールをプロデュースしています。初めての味に挑戦しながら、ビールの楽しみ方を広げてみてください。

(文:わださえこ)

Copyright 2019 ハタケト.